「DIYバイオでゲノム編集技術CRISPR/Cas9を使うのは危険か?」という記事
カテゴリー:ニュース(記事数:2)

2016/07/26

「DIYバイオでゲノム編集技術CRISPR/Cas9を使うのは危険か?」という記事

 メディアがゲノム編集技術CRISPR/Cas9を神の技術にように取り扱う中、この技術がDIYバイオで使われたら危険じゃないのか?との疑問に関する記事です。リンク先はSTATというサイエンス報道に関するサイト。以下に要約を述べますがDIYバイオでCRISPR/Cas9を使うことに否定的な意見が多い内容となっています。

 記事中ではアメリカ東海岸にオープンバイオスペース「GenSpace」を運営するEllen Jorgensen(1人目)、ピッツバーグ大学のGigi Kwik Gronvall(2人目)、イギリス・キングスカレッジのFilippa Lentzos(3人目)、スタンフォード大学のHenry T. Greely(4人目)らがそれぞれDIYバイオにおいてCRISPR/Cas9を使う懸念について述べています。

1人目、DIYバイオスペース側に人間であるEllen JrgensenはCRISPR/Cas9が大変魅力的なツールであること、Genspaceを含めどのオープンバイオスペースも生殖細胞を編集する設備は持っていないこと、そういった方向性を持って活動していないことを述べています。

2人目はCRISPR/Cas9技術の安全に関する懸念はDIYバイオに限らないこと、全ての研究施設の安全管理をもっと田高める必要があることを述べています。

3人目はDIYバイオグループはかなり否定的な事を言っており、DIYバイオ集団は専門家集団ではなく危険をはらんでおり、単独で考えさせず積極的に干渉する必要があることを述べています。潜在的にはテロリスト集団と同一だと見る発言も。

4人目は大学や大手企業に比べDIYバイオ団体の制御は難しく、早急にこれらを制御する方法の確立が必要と述べています。

Category:ニュース


■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=6

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]
バイオハッカー掲示板

→カテゴリー:ニュース(記事数:2)