高校生が最新のバイオ・遺伝子研究の初歩を学ぶことが出来るSpeakScience.orgによるバイオ版「Hello World」キット
カテゴリー:小中高校生のためのバイオ(記事数:2)

2013/10/25

高校生が最新のバイオ・遺伝子研究の初歩を学ぶことが出来るSpeakScience.orgによるバイオ版「Hello World」キット


SpeackSciecneのWebページより(現在は消失)


 最新のバイオ・遺伝子研究を体験することが難しい原因の一つはバイオ研究を実施するのに必要な機器が高価なためです。この問題を解決し、高校生に最新のバイオを体験してもらうキットを作ろうとする試みがアメリカのクラウドファウンディングサイト「KickStarter」で資金調達に成功しています。

 提案者が提案しているキットでは、まず蛍光で光る微生物を遺伝子操作で作成します。次に、この微生物を使ってプラスチックのプレート内に好きな模様の蛍光の絵を描いて遊びます。この一連の作業を通じてバイオの基礎を学べるわけです。

 提案者は、このキットを低コストで高校にレンタルする計画ですが、コストを削減するため

  • (1)実験方法は印刷物とせず、自由にインターネット上で配布出来る形式で公開(クリエイティブコモンズ)する。
  • (2)レンタルシステムを利用することで、通常は6000ドル以上かかる実験を開始するための初期投資を300ドルに減らす。
  • (3)安価なPCRマシーン(Thermotyp)を開発
 などの工夫を行っています。また、この事業の運営資金の寄付を募っており、600ドルの寄付が集まるたびに1校にフルセットのバイオ版「Hello World」キット(PCR装置とマイクロピペットを含む)を貸し出すことが出来るとのことです。

 このプロジェクトは2010年に出資が募集され1万ドル以上を集めています。残念ながら当初のオフィシャルサイトotyp.esからSpeakScience.orgというサイトに移った後、活動を停止しているようです。

Category:小中高校生のためのバイオ


この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]
バイオハッカー掲示板

→カテゴリー:小中高校生のためのバイオ(記事数:2)