バイオハッカージャパン biohacker.jpRSS
バイオハック・DIYバイオ・自宅で行うバイオ研究・自分の遺伝子をハックする方法

 IT・電子技術が歩んできたように遺伝子・バイオ技術も企業や大学の研究室を飛び出し自宅で取り扱える時代が来るはずです。かつて、有名IT企業が自宅のガレージから始まったように、個人が自宅でバイオテクノロジーの革命を起こす日はもうすぐ。
ここは大企業・研究機関に頼らないバイオ研究を志す''バイオハッカー''のためのページです。

 
2021.07.17Sat/土

基礎生物学研究所が「大学生のための夏のレクチャーシリーズ2021」を8月17日〜8月26日にオンライン開催(参加費無料)

↑BTW

2時間×8レクチャーの超充実!


プログラムのセンスがいいなー
「EvoDevoで解き明かす昆虫の多様性創出メカニズム」
「植物が環境を認識して生き抜くしくみ」
「AIが拓く神経生物学」
「実験と理論で生き物を理解する」
「プラナリアとイモリに学ぶ再生原理」
「ゲノムから読み解く昆虫の不思議」
「次世代を作る精子形成の謎を探る」
「植物の電気信号の発生伝搬の仕組みと進化 〜食虫植物やオジギソウに学ぶ〜」
それぞれ2時間ずつとか美味しすぎる!!!!大学生に分かるような資料を2時間分作るの大変だっただろうな(^^;

Category:幼児・学生向けバイオ




2021.07.07Wed/水

顕微鏡上でのタイムラプス撮影にも対応出来る超小型保温インキュベーターVersion2(総予算3000円)

↑BTW



以前作った簡易保温装置もうまく使えていますが

もう少しコンパクトに改造したバージョン2を作りました。
↓こんな容器をでデザインして3Dプリンターで出力しました。低面積はiPhone12ProMaxと同じサイズ。なぜなら


(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

 Keyword:顕微鏡/95



2021.07.06Tue/火

種子を殺菌して発芽時のカビを防ぐ方法

↑BTW

土の殺菌は少量なら電子レンジ、大量なら電熱線コンロでやっているのですが

水耕栽培とかで見ているとたいていカビは種子から出てくるんですよね。
以前試したヴィトロプランツのカルス培養法では、(1)抗菌剤につけこむ→(2)次亜塩素酸殺菌。の2ステップで殺菌していましたね。
植物用の農薬として抗生物質「ストレプトマイシン」も売っているのでこれも活用出来るかも
この記事を見ると、植物用の殺菌剤「ベンレート」「ダコニール」などを紹介しています。

(省略されています。全文を読む

Category:未分類

 Keyword:ヴィトロプランツ/9



2021.06.23Wed/水

個人のタイムラプスプロジェクトをリアルタイム配信するためのサイト「lapse-time.com」を公開

↑BTW

ちょうど良いサイトが無かったので作りました。それっぽいドメイン取得してみた!


まだ色々と不具合ありますが公開します。培養肉サークルShojinmeatで使ってもらって素敵なDIY細胞タイムラプス撮影に成功しました。細胞が動いているところを自宅で個人でDIYで撮影出来るところまで来ています。




(省略されています。全文を読む

Category:DIY顕微鏡

 Keyword:Shojinmeat/21



2021.06.09Wed/水

DIY位相差顕微鏡観察がかなり優秀!基本的に透明で見えずらい細胞が見えやすく。

↑BTW

半信半疑だったのですが顕微鏡のライト部分にこんなパーツを挿入するだけでかなりの効果が確認出来ました。


これまで中華の1万円以下の倒立顕微鏡

5000円で買える顕微鏡用のWebカメラユニットタイムラプス撮影用の保温ユニットのDIYなどを使って自宅での細胞ちゃん観察環境を構築してきましたが、安価な顕微鏡と研究室などにある高価な顕微鏡の大きな違いとして「位相差」「微分干渉」などの機能がついてないことがあります。基本的に細胞は透明ですので普通に光を当ててもほとんど透明で非常に見えにくい。。。。。
残念ながら微分干渉や位相差はかなり高度で複雑な仕組みでありDIYで実現するのは難しい技術だと思っていたのですが、下記の本を真似てDIY位相差観察を試みたところ、かなり効果があることが分かりました。これは使える!

(省略されています。全文を読む

Category:DIY顕微鏡



2021.04.28Wed/水

顕微鏡やインキュベーターを37℃一定に保てる簡易ヒーターを4000円でDIY

↑BTW

やっつけで作りました。


↓これがヒーターと制御ユニット。100円ショップのタッパーに固定してあります。


(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具



2021.03.30Tue/火

4900円の顕微鏡用USBカメラでDIYバイオの顕微鏡観察が別次元のクオリティーに!

↑BTW

こりゃファイナルアンサーかもしれない。


購入した顕微鏡の接眼レンズにはめるUSBカメラはこちら

1.3Mピクセル(4900円)のやつと5.0Mピクセル(8600円)の2種類ある。今回は1.3Mピクセル版を購入。
1.3Mピクセル版の最大解像度は1280x1024。下記はちょうど半分の大きさにリサイズしてます(横600ピクセル)。1メモリは10μmです。細胞の大きさはだいたい5〜20μmぐらいなので十分な解像度!

いやぁ、自宅でこのクオリティーで画面いっぱいに顕微鏡観察が出来るとは嬉しいね♪。
ちなみに5Mピクセル版の最大解像度は2592x1944らしい。この顕微鏡なら5Mピクセル版を使えば解像度的にメリットあるかも。

この10μmの目盛りのついたスライドガラスはこれ
倒立顕微鏡はこちら。接眼レンズのサイズ23mmと書かれています。今回購入したUSBカメラのサイズが23.2mmと書かれていてぴったりです。

(省略されています。全文を読む

Category:DIY顕微鏡



2021.03.21Sun/日

個人法人利用無料の「かがくイラスト」化学の素材屋さん

↑BTW

また世界に拡散していく良サイトが。仕事のプレゼンて使いまくっちゃうぞ。

運営は大学で有機化学の研究補助している人らしい。無料は嬉しいけど投げ銭機能は付ければ良いのに。期をまたげない予算の端数が余ってるプロジェクトは官民通じて多いはず(笑)

Category:未分類



2021.03.18Thu/木

自由研究に最適!キッチンでできる植物バイオ入門

↑BTW

市販されている漂白剤やら液体肥料を使って植物種子の無菌培養方法が紹介されています。
このサイトでも何度か取り上げているヴィトロプランツの試薬などを活用する方法にも言及

小瓶で行う植物のカルス培養はカバンにつけるアクセサリーとして素敵な気がするんだがどうだろう?

Category:植物DIYバイオ



2021.03.02Tue/火

DIY顕微鏡の能力を2000円のキャリブレーション・スライドガラスで確認する。接着している細胞の大きさはだいたい10マイクロメートルぐらい

↑BTW

↓これ

俺はAmazonで以前1300円で買ったんだけど、今見ると2239円だね。

↓こんなケースに貼っています。


(省略されています。全文を読む

Category:DIY顕微鏡