1万円でサーマルサイクラー(PCR装置)を作ろう!その3。Raspberry Piを使って電装部分を作製
カテゴリー:バイオハッカー用実験器具(記事数:37)

2017.11.09

1万円でサーマルサイクラー(PCR装置)を作ろう!その3。Raspberry Piを使って電装部分を作製


とりあえず電装部分を組みました。右の基板はRaspberry Pi zero、左の基板にモータードライバと電解コンデンサが乗っています。おまじないに12V電源につなぐところにヒューズも設置しました。
これと12V電源と、USB電源を用意する必要があります。まだ通電してません(笑)。

★使った部品
Raspberry Pi zero(5ポンド、日本への送料含めて2000円ぐらい、国内通販は品薄なので)

温度センサーDS18B20。370円
いわゆる電子部品に相当するのはRaspberry pi、モータードライバ、電解コンデンサの3個だけです。
電源ユニットを入れると電気関連の部品代金は6000円ぐらいかな?

↓基板部分アップ。太い2Pソケットに12V電源をつなぎ、細い2Pソケットはペルチェに繋がっています。


↓裏面、ひどいのは分かってますw。ユニバーサル基板で裏面をつなぐのって何か良い方法あるんだろうか?


↓回路図です。


Raspberry PiはWifiドングル挿してPC経由で制御出来ますが、ゆくゆくは何かしらディスプレイとボタンを設置してスタンドアローンで使えるようにしたいですね。
ディスプレイどうしよう。
とかかな、↓まともなタッチパネル液晶も安いね入力部分どうするかな、ボタンを数個GPIOにつなぐのも良いけど面倒だな、安いUSBキーボードでもつないだ方が良さそう。このへんを合わせると総額1万円は超えちゃうかもしれません。とりあえずはPC経由で制御しようと思います。

通電して問題ないようなら、次回は温度センサーの検出値を元にペルチェに流す電流をコントロールして温度を一定に保つのにチャレンジしてみます。

このユニットを使えば-20℃とか、4℃とか、37℃とかの冷凍庫、冷蔵庫、保温装置も簡単に作れるね。

Category:バイオハッカー用実験器具



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=24
001 [11/10 00:11]Aガット@OCN:ユニバーサル基板の配線は、錫メッキ線や部品のリードを使って配線するのが基本ですね。https://www.murata.com/ja-jp/campaign/ad.... (4)
002 [11/10 11:37]通りすがり@Dion:0.5〜0.8mmのすずメッキ線で電源GNDを配線。信号は更に細いポリウレタン銅線で引いてますね。 (2)
003 [11/10 21:05]j:12vあるなら三端子レギュレーター7805とかで5v作れるのに http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07....ってどうせPCからコントロールだったらいらないか (1)
004 [11/10 22:07]ふぇちゅいん(管理人) TW★64:>>003 ナイス情報です!!そんな便利なパーツがあるのか。 (3)
005 [11/10 23:16]0@Asahi-Net:7805で、最大1.5Aだが、、12V->5V 1.5A 取るなら7805に対して、放熱FINは必須ですよ、単純計算 10W ほど熱に変えますからね。ちょっとした、はんだごて並みですよ。
006 [11/10 23:18]0@Asahi-Net:↑ やべえ燃えたという投稿が一瞬頭によぎったから余計な口出ししてもーた。 (1)
007 [11/10 23:29]ふぇちゅいん(管理人) TW★64:なるほど、それなら100VからAC-USBでとった方がよいかね。Raspberry Piは0.5Aぐらいだとは思うけど。 (1)
008 [11/11 09:47]Aガット@OCN:0.5Aでも厳しいでしょうね。ヒートシンク無しだと1.5Wぐらいが限界だと思います。ヒートシンク無しで流せる電流。→http://gomisai.blog75.fc2.com/blog-entry.... (1)
009 [11/11 17:20]0@Asahi-Net:いや、ふぇいちゅん さんならヒートシンクでイケる。7805 の放熱に https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img.... こんな巨大ヒートシンクつけてニュース投稿するのを期待してしまった。 (1)

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]
バイオハッカー掲示板

→カテゴリー:バイオハッカー用実験器具(記事数:37)