自宅DIYバイオに便利なチューブスタンドを3Dプリンターで作製
カテゴリー:バイオハッカー用実験器具(記事数:44)

2018.05.23

自宅DIYバイオに便利なチューブスタンドを3Dプリンターで作製


最初、自分で適当に設計しようかと思っていましたが、検索したらすぐに使えるデータが多数公開されていたのでそれを使いました。出来上がりが2色になってますが1パーツです。途中でフィラメントが無くなりそうだったので、ダメもとで印刷一時停止して別のフィラメントを入れて続行させたら問題無く2色になりました(汗)。こういうツートンカラーも悪くないね!
使ったデータは↓


非常にシンプルな構造で、裏返して印刷すればサポート材無しで出力OKです。必要なフィラメント量は50gぐらいかな?材料費100円ぐらいでしょうか。

なお1.5mLチューブ8本、0.6mLチューブ×8本なデザインになっています。

Category:バイオハッカー用実験器具



※当サイトで実施している実験において使用している試薬・機器は全て一般の人が購入・入手可能なものです。入手方法は過去に紹介されているはずですが、見つけられない場合はコメント欄等でお問合せください。

コメント

いいっすね!=65
001 [05.24 09:04]なの:いいね!実験器具のチューブ立てって数千円するから格安。研究者は大なり小なりチューブの並べ方にはこだわりある。(右利きなら、ピペッティングのの動線を考えて試薬は右に固めて、サンプルは左寄せとかこだわりありますよね!)。パーソナライズされたチューブ立てって、一部の界隈でコアな需要ありそう。 (21)

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]

→カテゴリー:バイオハッカー用実験器具(記事数:44)