1万円でPCR装置をDIY〜その6。サンプルを温度制御するための金属ブロックパーツをDIY
カテゴリー:PCR装置を作ろう(記事数:6)

2019.02.14

1万円でPCR装置をDIY〜その6。サンプルを温度制御するための金属ブロックパーツをDIY


上記は完成品。1.5mLチューブ8個が立てられるアルミブロックです。1.5mLチューブだと高さが足りない感じですが、実際のPCR反応は0.5mLチューブでやる計画です。またこんな大きな穴を開けたのはPCR反応以外でも1.5mLで各種インキュベーションを行うのに使用したかったからです。いずれのチューブを使う場合もぴったりサイズではありませんので、水等を入れて使う必要がありそうです。
前回までにPCRっぽく温度制御する部分を完成させてました。↓プラスマイナス反転出来るモータードライバを使うのは回路も簡単になるし良いアイデアだと思います。

このアルミブロック部分をどうやって作ろうかずっと悩んでいたのですが
  • (1)市販品の購入
  • (2)アルミを溶かして鋳造
  • (3)アルミのブロック材を削って作る
の3択でした。
 (1)の市販品は9000円ぐらいから使えそうなものがあります。
 (2)はアルミを溶かすのはものすごく大変っぽいので、もっと融点の低いスズあたりでの鋳造ならイケるかもしれません。実際に、溶かして使えそうなスズは通販で購入することが出来ます。最悪、100円ショップで10g100円で売られているハンダを30個ぐらい溶かしたら必要量になるかも。

鉛フリーハンダが1kg4000円ほど
で、結局、今回試したのは(3)の方法です。ちょうど良さそうなサイズのアルミブロックがamazonで売ってました↓東急ハンズの販売商品っぽいです。400円とお手頃価格。

オフィシャルサイトでは30mm×30mm×20mmがありますね。0.5mLチューブ用で作るならこちらでも良いかも。

この場合もアルミである必要は無いと思います。実際100度にしかならないし、

↓穴を9か所開ける計画で黒マジックで位置を書き込みます。


↓使ったドリルは直径11mm、鉄鋼用。ホームセンターで2000円ぐらいでした。


今、Amazonを見るとこんな形のドリルも売ってますね。どんな形の穴になるんでしょうか?
万力でアルミブロックを固定し、削っていきます。ちなみに右上の穴あけポイントは100円ショップの細いドリルで穴を開けようとして途中でポキっと折れて抜けなくなりました(汗)。まあ1つ減ったけどいいか。


↓とんでもない量の削りカスが出ます。踏むとイタイです。


↓完成!!!!

ドリルの直径10mmと11mmと悩んで11mmにしましたが、10mmでも良かったかな?

削るのに必要な時間は1時間ぐらいかな?手持ちの電動充電式ドリルが1回10分ぐらいしか電池が持たないので大変でした。う〜ん、そんなに素早く温度遷移出来るPCR装置を作るつもりは無いので、超小型の単なるウォーターバスみたいな形式でも良かったかもしれません。でも下記を見ると水とアルミで熱伝導率は大きく違いそうです。
次は実際にこのアルミブロックを作製したPCR装置に載せて温度制御可能か実践してみようと思います。

Category:PCR装置を作ろう



※当サイトで実施している実験において使用している試薬・機器は全て一般の人が購入・入手可能なものです。入手方法は過去に紹介されているはずですが、見つけられない場合はコメント欄等でお問合せください。

コメント

いいっすね!=13

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]

→カテゴリー:PCR装置を作ろう(記事数:6)