韓国からDIYバイオ実験に必要な冷凍試薬を購入するギリギリの選択肢について
カテゴリー:バイオハッカー用試薬(記事数:9)

2020.07.22

韓国からDIYバイオ実験に必要な冷凍試薬を購入するギリギリの選択肢について

DIYバイオ実験に必要な試薬は国内のメーカーは売ってくれないので海外通販に頼らないといけないという話をしました。多くの試薬が常温で発送可能なのですが、一部「冷凍」じゃないといけない試薬があります。以前から使っている韓国のBIONEERは冷凍が必要な試薬もドライアイス詰めて日本に送ってくれます。
↓到着したところ。


↓(デンジャラス・グッズ(危険物))とかシール貼られているしw


↓このマークとUN1845は航空便でドライアイスを発送する時の国際的に決められているマークです。自分でドライアイス詰めて海外に送るのもOKなんですよ。仕事ではよく送ってます。


↓中身。箱の中に発泡スチロールが入っています。中身ドライアイスですので密閉しない程度の包装になってます。フタを開けると・・・・・


↓ドライアイス残ってないじゃん(涙)、これまでドライアイスが残っているのは見たことありませんw。韓国から発送されて、だいたい3〜4日で届くのですが、最初のお届け時に受け取れると、ドライアイスは残っていないものの、中は冷え冷え。再配達になると、「ちょっと外気よりは冷えてるかなー」って状態で届きます(^^;


↓今回購入したのはAccuPower CycleScript RT Master Mix。逆転写(RNAウイルスの遺伝子をDNAに変換する)酵素です。

安心してください。溶けて届きますが1日ぐらい溶けていても普通に使えます(笑)

↓発送方法はFedexとDHLと選べて似たような値段ですが。個人的にはDHLが好きです。Webで発送の様子がリアルタイムで見やすい。(※この画像はアメリカから通販した時のもの)


使えているとはいえ毎回ドキドキするので、BIONEERも日本に発送する時は、もう少し分厚い発泡スチロールでドライアイス満載で送って欲しいなぁ。
ちなみに1回のドライアイス入り発送送料が6000円ぐらいです。高いよー

日本で試薬を売ってくれる会社が一つでもあれば良いんだけどねぇ・・・・・ほんと個人に試薬を売ってくれない日本の試薬メーカーとか全部コロナでつぶれればいいのに。

Category:バイオハッカー用試薬



※当サイトで実施している実験において使用している試薬・機器は全て一般の人が購入・入手可能なものです。入手方法は過去に紹介されているはずですが、見つけられない場合はコメント欄等でお問合せください。

コメント

いいっすね!=49
001 [07/23 09:16]あいす@So-net:販売してくれない会社に文句を言うより、これまでに馬鹿なことをしでかしたテロリストたちを恨んでください。 (13)
002 [07/23 14:11]匿名@Om:DIYする気も無いオッサンは黙ってろよ (10)
003 [07/23 20:38]@Enb:意外と保てるものなんだな。梱包箱の大きさはドライアイスの大きさなのねぇ。 (4)
004 [07/24 16:40]123@Biglobe:消えるんで最初から入れてませんが何か? (2)
005 [07/24 19:39]山田君:>>001 どうだろねえ? エロリストだけでなく、 法人には売るけど個人に販売しないのは日本文化として有るとおもうよ。日本の個人は、消費者保護法、国民生活センターとかに守られてて、逆に法人はそれら適用外というのもあるし、売ったほうが責任とわれかねない風潮だからねえ。日本のサラリーマンは保守的だから、売り上げよりも売って問題になるほうを気にするでしょうよ。 (2)
006 [07/24 20:15]あいす@So-net:>>005 昔は信用(身元がはっきりと保証されている)さえあれば、使用目的を含めることで売ってくれたんですよ。実際に代理店の営業と話をした時はそう言っていました。でも、これまで色々なことがあったので仰るように代理店自身がそれらを避けるようになったと思います。 (5)
007 [07/25 23:27]ななしさそ★53:写真用試薬もおかげで日本でちょっと手に入らない物が増えましたしねー。孫が100万人PCRとかぶちかましていたし、法人組織形式にしたら改善しません? (3)

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]

→カテゴリー:バイオハッカー用試薬(記事数:9)