循環する水の温度制御で培養装置内の温度をコントロールしたい
カテゴリー:万能培養器InCUBE(記事数:2)

2020.09.10

循環する水の温度制御で培養装置内の温度をコントロールしたい


汎用培養装置を作る上で、温度制御をどうするかなのですが、培養装置の中を循環する液体の温度をコントロールする実験を開始しました。


テスト用の培養器として20cm四方のアクリルボックスを設置、中に1リットルほど水を入れて5V水ポンプにシリコンチューブをつないで水を装置から出せるようにしています。


加熱・冷却する部分は水冷用アルミブロックとペルチェを使用。

水冷アルミブロックはコレです。


使用しているペルチェはTEC1-12704、15.2V、4A仕様。電源は12Vです。


あとは熱伝導グリス



制御ユニットはRaspberry Piと東芝のモータードライバです。

これらは以前PCR装置を作った時の装置の流用です。

前回はマイクロチューブの温度制御だけで良かったのですが今回は水1リットルを加熱、冷却する必要があります。このモータードライバは最大4.5Aなので12V使用時に54W。ちょっとパワー不足な予感もします。。。。

Category:万能培養器InCUBE



※当サイトで実施している実験において使用している試薬・機器は全て一般の人が購入・入手可能なものです。入手方法は過去に紹介されているはずですが、見つけられない場合はコメント欄等でお問合せください。

コメント

いいっすね!=4
001 [09/10 20:42]ななしさそ★54:室温と10度以上温度差が出るのでしたら、断熱をしっかりすれば多少は投入エネルギーの節約になりませんかね? 今のアクリルボックスだと熱が無駄に逃げそうで。 (1)
002 [09/10 20:56]りうかver八戸人★1@Au:一回り大きい箱で覆って内箱と外箱の間に水をためてそれを加温、すれば内部は安定するんでないかな。ボトルアクアリウムを水槽内に沈めて水槽水を加温することでボトル内の水温が安定の応用。 (2)

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]

→カテゴリー:万能培養器InCUBE(記事数:2)