リチャード・パワーズによるバイオハッカーが主人公の新作小説「オルフェオ(Orfeo)」
カテゴリー:未分類(記事数:42)

2014.01.21

リチャード・パワーズによるバイオハッカーが主人公の新作小説「オルフェオ(Orfeo)」

 リチャード・パワーズ(Richard Powers)氏による2014年1月20日発売の新作小説オルフェオ(Orfeo)は自宅でバイオ研究を行うバイオハッカーが主人公のようです。

 あらすじによると、退職した作曲家であるPeter ELsがある日突然、警察の訪問を受けます。彼は少し変わった趣味を持っており、自宅に自作したバイオ研究室で。ライフワークとして遺伝子の中からこれまでに無い音楽のパターンを見付けだそうとしていましたが、これがバイオテロ行為を行うための研究だと当局に勘違いされたのです。彼は死にものぐるいで逃げることになります。

 インターネットでの炎上も手伝い、世間的にもバイオテロリストとして認定されてしまい、親友や、元妻、娘などの助けを借りて色々な国を旅して行くというストーリーのようです。

 主人公の音楽や女性への愛を主題としていると書いてありますので、SF色は強くないのかもしれません。音楽と自宅での遺伝子研究をどのようにリンクさせて扱っているのかは興味が出るところです。日本語翻訳版が登場すると良いのですが。

本作の作者、リチャード・パワーズ氏の過去の作品としては下記のようなものがあります。

Category:未分類



※当サイトで実施している実験において使用している試薬・機器は全て一般の人が購入・入手可能なものです。入手方法は過去に紹介されているはずですが、見つけられない場合はコメント欄等でお問合せください。

コメント

いいっすね!

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]

→カテゴリー:未分類(記事数:42)