米西海岸のバイオハッカーグループ「Science for the Masses」が暗闇で視力を増強する目薬の実験に成功
カテゴリー:ニュース(記事数:2)

2015.03.30

米西海岸のバイオハッカーグループ「Science for the Masses」が暗闇で視力を増強する目薬の実験に成功

 深海魚の眼に含まれる光に鋭敏に反応するクロロフィル(Chlorin e6)とインスリンの混合物を目薬として人間の眼に滴下したところ数時間にわたり暗視能力が増強したそうです。

 参考文献などを総合して考えると、このクロロフィルは網膜細胞内に浸透し、光を吸収した時にインスリン存在下で網膜細胞に光を感じた時と同じ電気的反応を起こさせると推測されます。

 この実験の元となった論文は2007年にマウスを使った実験として報告されている下記でしょうか。

この報告ではマウスの網膜細胞がどれぐらいの電気刺激を起こしているかを測定しており、赤と青の光に関して2倍のシグナル増強が得られていると報告されています。

ちなみにこの人体実験を行ったバイオハッカー団体「Science for the Masses」のMassesとは「大衆」という意味とのこと。

Category:ニュース



※当サイトで実施している実験において使用している試薬・機器は全て一般の人が購入・入手可能なものです。入手方法は過去に紹介されているはずですが、見つけられない場合はコメント欄等でお問合せください。

コメント

いいっすね!

名前
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]

→カテゴリー:ニュース(記事数:2)