小中高校生のためのバイオ

2016/06/15バイオ研究は高校生からやる時代。第6回高校生バイオサミットが2016年7月31日より山形で開催、参加〆切今週末
2013/10/25高校生が最新のバイオ・遺伝子研究の初歩を学ぶことが出来るSpeakScience.orgによるバイオ版「Hello World」キット

2016/06/15

バイオ研究は高校生からやる時代。第6回高校生バイオサミットが2016年7月31日より山形で開催、参加〆切今週末



「第6回高校生バイオサミット」が山形県で2泊3日の予定で開催されるそうです。

現在参加者募集中ですが〆切は今週金曜日です。
応募項目には3パターンあり
(1)成果発表部門
(2)計画発表部門
(3)一般参加部門
があり(3)で申し込むことで聞くだけの参加も可能です。交通費、宿泊費等は自分で払う必要がありますが参加費は無料です。自分が高校生の時にこんなイベントがあったら、知っていたら参加してみたかったですね。

(1)(2)は書類審査があり、合格した人はサミット当日にポスターで発表する形式。様々な賞が用意されています。

↓には過去の受賞発表内容が掲載されています。
あくまでも学校名を背負っての発表という形になっています。最近では「理科」の授業にバイオの研究を組み込む高校があったり、高専ではかなり高度なバイオを扱っており、高校の「バイオクラブ」的な活動もかなり高度なことをやっている団体があると聞きます。そのような場で行われた研究でしょうか?個人的には当サイトで目指す「自宅でバイオ」を実現した研究があるのかが気になります。
(省略されています。全文を読む

↑BTW


   記事ごとのページ

2013/10/25

高校生が最新のバイオ・遺伝子研究の初歩を学ぶことが出来るSpeakScience.orgによるバイオ版「Hello World」キット


SpeackSciecneのWebページより(現在は消失)


 最新のバイオ・遺伝子研究を体験することが難しい原因の一つはバイオ研究を実施するのに必要な機器が高価なためです。この問題を解決し、高校生に最新のバイオを体験してもらうキットを作ろうとする試みがアメリカのクラウドファウンディングサイト「KickStarter」で資金調達に成功しています。

 提案者が提案しているキットでは、まず蛍光で光る微生物を遺伝子操作で作成します。次に、この微生物を使ってプラスチックのプレート内に好きな模様の蛍光の絵を描いて遊びます。この一連の作業を通じてバイオの基礎を学べるわけです。

(省略されています。全文を読む

↑BTW


   記事ごとのページ