バイオハッカージャパン biohacker.jpRSS
バイオハック・DIYバイオ・自宅で行うバイオ研究・自分の遺伝子をハックする方法

 IT・電子技術が歩んできたように遺伝子・バイオ技術も企業や大学の研究室を飛び出し自宅で取り扱える時代が来るはずです。かつて、有名IT企業が自宅のガレージから始まったように、個人が自宅でバイオテクノロジーの革命を起こす日はもうすぐ。
ここは大企業・研究機関に頼らないバイオ研究を志す''バイオハッカー''のためのページです。

 


2018.11.05Mon/月

理系が愛するスポーツ「キムワイプ卓球」競技者団体は創立10年、会員は550人以上も

↑BTW

マジか!

Category:バイオハッカー団体・コミュニティー

   記事ごとのページ・コメント




2018.10.23Tue/火

DIY顕微鏡にはレーダーポインター用の3mmレンズが適しているようだ

↑BTW

これまでにジャンクiPhoneから取り出したレンズを使ったDIY顕微鏡作りにチャレンジしてきました。

次に上記3番目のリンクで紹介されていたレーザーポインター用のレンズを使う方法を試みてみました。


(省略されています。全文を読む

Category:DIY顕微鏡

 Keyword:顕微鏡/31
   記事ごとのページ・コメント



2018.10.09Tue/火

自宅にクリーンベンチをDIYしよう〜その1〜仮組みまで

↑BTW


↑こんな感じ、とりあえずアクリル板を切って、マスキングテープで仮組したところです。
下記のようなこと言っていましたが、さっそく作ってみました。

ちょっとデカすぎたかな?縦横高さともあと10cmぐらい短くても良かったかも。まあいいか、このクリーンベンチは無菌操作スペース機能に加えて、温度制御機能とかも搭載して培養スペースとしても使う計画です。物置になる可能性も高いですが。。。。
(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(4〜)



2018.10.04Thu/木

電子顕微鏡を自作したい人のためのページ(テクネックス工房)

↑BTW

ページの出だしは「走査型電子顕微鏡に限れば、熱意さえあれば自作することは十分可能だと思います。」

小型電子顕微鏡の専門メーカーがこんなページを掲載しています。マジですか!

Category:DIY顕微鏡

   記事ごとのページ・コメント(3〜)



2018.09.18Tue/火

ジャンクiPhoneのレンズとRaspberry Piを使いタイムラプス撮影やWebストリーミング可能な倒立顕微鏡をDIY

↑BTW


先日Shojinmeatの定期勉強会で紹介したものです。
顕微鏡部分は以前に紹介したやつ↓と同じですがスマホの代わりにRaspberry Piを用いています。

使用したのはRaspberry Pi公式カメラv2、ソニーの裏面照射CMOSセンサー「IMX219」を使っていてなかなかの高画質です。詳細は省きますが赤外線フィルター無しの型番「UD-RPNOIRCAMERA」を使ってます。
画質の違いは下記ページで紹介されています。
(省略されています。全文を読む

Category:DIY顕微鏡

 Keyword:Shojinmeat/10
   記事ごとのページ・コメント(1〜)



2018.09.12Wed/水

DIY顕微鏡を作る方法あれこれ、レーザーポインターのレンズを使ったり、樹脂を固めてレンズを作ったり

↑BTW

先日、ジャンクのiPhoneから取り出したレンズでスマホ顕微鏡を作れることを紹介しました。

この方法とRaspberry Piを利用してタイムラプス撮影やWebストリーミング可能な倒立顕微鏡を製作しており、そっちは近いうちに紹介したいと思いますが
検索すると世の中には他にも様々なDIY顕微鏡を作る方法があるようです。

下記のページではレーザーポインターのレンズを使って作る方法が紹介されています。
最大解像度は175倍とのこと。
↓半導体レーザー用のレンズ2つが300円で販売されています。焦点距離の情報付き。素材はPMMA(アクリル)です。安いレーザーポインターのレンズはたいていアクリルで高出力のものはガラスらしいですが、アクリルの方が透過率が良かったりするらしいので、素材よりは工作精度の高いものを使いたいですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レーザーダイオード用レンズ2個セット
価格:324円(税込、送料別) (2018/9/12時点)



なるほど、こういう構造なんですね。iPhoneのジャンクレンズと比べてどちらが解像度高められるんでしょうか?

下記では樹脂を固めてレンズをDIYしています。4μmのものが見える倍率160倍可能とのことですので細胞見えるはずです。技術的には面白くて高解像度のレンズを作れる可能性がある?
またDIY顕微鏡に関して「Foldscope」というプロジェクトがあるようです。デラックスキット1つを35ドル、またスタンダードキット20セットを35ドルで全世界に発送しています。
余談ですがDIY顕微鏡をテストする時には下記のような標準的な解像度評価パターン「USAF 1951」があるようです。

Category:DIY顕微鏡

   記事ごとのページ・コメント(1〜)



2018.08.31Fri/金

日本、ゲノム編集技術を使って「遺伝子の削除」しただけの動物・植物作物は自由に野外で飼育・栽培OKに

↑BTW

「外来遺伝子を挿入」する編集を行った場合は従来どおりカルタヘナ法の対象で、密閉環境で飼育・栽培を行い外部に漏れ出ないようにする必要がありますが、もともとの動植物にある遺伝子を「削除」のみなら法律による届け出義務は免除されました。

問題が起こった時に対象出来るように任意での届け出を受け入れる仕組みは導入されます。

削除だけなら問題は起こらないって論理は愚かな気がしないでもないですが、DIYバイオ的にはウェルカムですね。これは楽しくなってきた!

Category:未分類

   記事ごとのページ・コメント(5〜)



2018.08.27Mon/月

自室に無菌操作用のクリーンベンチが欲しい。DIYで作るか?

↑BTW

クリーンベンチとは様々な実験を「無菌」状態で行うための装置です。大学や企業の実験室は下記のような装置がよく見られます。

 安いもので40万ぐらいでしょうか。高いし、こんなバカでかいもの自室に置きたくないな。朝から晩まで実験しているわけでもないので使っていない時にデッドスペースになるしね。 クリーンベンチは内部に菌を通さない「HEPAフィルター」を搭載したファンを搭載しており、使用時には、内部に無菌化した空気が送り込まれます。たえず無菌空気が供給されているので前面を少し開けて手を入れて作業しても中は無菌的に保たれるという構造です。また、多くのクリーンベンチには使用していない時に内部を「殺菌」するための「紫外線ランプ」が設置されています。すなわち必要な機能は2つ
  • (1)HEPAフィルター搭載のファンで内部を加圧する装置
  • (2)殺菌灯
※HEPAフィルター・・・・・0.3μmの大きさの粒子を99.97%除去する能力をもったフィルターの規格。菌はこれよりたいてい大きいので無菌化出来る。
(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(3〜)



2018.08.22Wed/水

ヴィトロプランツのおうち植物カルス培養キット「Vipキット1/2MS」を購入、中身をチェック。3種類の人工合成植物ホルモン入り

↑BTW

↓箱

↓箱の表記



MS培地とは植物培養で基本らしい「Murashige & Skoog)培地の事らしいです。NAA(α-napht-halene
acetic acid:ナフタレン酢酸)、BAはベンジルアデニン(6-benzyl aminopurine)。2,4-D(D(2,4-dichlorophenoxy acetic acid:ジクロロフェノキシ酢酸)、昔、高校の生物で習ったオーキシンとしてNAA+2,4-Dを、サイトカイニンとしてBA)を使うそうです。いずれも人工合成植物ホルモン用物質らしい。

(省略されています。全文を読む

Category:植物DIYバイオ

   記事ごとのページ・コメント



2018.08.07Tue/火

自宅で植物カルス培養2か月放置後の様子。こいつら外界に適用出来ない温室育ちになってる?

↑BTW

↓2か月前に開始した種とか植物体のカルス培養

窓際に放置しっぱなしですっかり忘れていました(^^;↓ブロッコリーの先っちょ部分。根もびっし生え、すっかり植物に



(省略されています。全文を読む

Category:植物DIYバイオ

   記事ごとのページ・コメント(1〜)