バイオハッカージャパン biohacker.jpRSS
バイオハック・DIYバイオ・自宅で行うバイオ研究・自分の遺伝子をハックする方法

 IT・電子技術が歩んできたように遺伝子・バイオ技術も企業や大学の研究室を飛び出し自宅で取り扱える時代が来るはずです。かつて、有名IT企業が自宅のガレージから始まったように、個人が自宅でバイオテクノロジーの革命を起こす日はもうすぐ。
ここは大企業・研究機関に頼らないバイオ研究を志す''バイオハッカー''のためのページです。

 


2019.02.21Thu/木

米国EDVOTEK社の通販は日本でDIYバイオをするのに最強!!安価にDNA抽出試薬とPCRマスターミックスを購入

↑BTW

]]
これまで日本から利用可能な様々な試薬販売サイトを紹介しました。
イギリスのWebScientific、韓国のBIONEER、中国のAliExpress、アメリカのGene&Cell_Technology、つくばの株式会社リーゾ、日本のテックジャム、アメリカのBIOMATIK、イスラエルのProspec-Tany_Technogene。これらを駆使すれば個人で各種試薬・機器・キット・カスタムペプチド・カスタムオリゴ・抗体等、何でも購入することが可能です。ほとんどが海外発送に頼らないといけないところが残念ですが、もはや試薬調達は日本におけるDIYバイオのボトルネックでは無くなってきています。
今回紹介するのはアメリカのEDVOTEK。これは「教育におけるバイオテクノロジー」をメインターゲットにしている会社です。


(省略されています。全文を読む

Category:未分類

   記事ごとのページ・コメント




2019.02.14Thu/木

1万円でPCR装置をDIY〜その6。サンプルを温度制御するための金属ブロックパーツをDIY

↑BTW


上記は完成品。1.5mLチューブ8個が立てられるアルミブロックです。1.5mLチューブだと高さが足りない感じですが、実際のPCR反応は0.5mLチューブでやる計画です。またこんな大きな穴を開けたのはPCR反応以外でも1.5mLで各種インキュベーションを行うのに使用したかったからです。いずれのチューブを使う場合もぴったりサイズではありませんので、水等を入れて使う必要がありそうです。
前回までにPCRっぽく温度制御する部分を完成させてました。↓プラスマイナス反転出来るモータードライバを使うのは回路も簡単になるし良いアイデアだと思います。

このアルミブロック部分をどうやって作ろうかずっと悩んでいたのですが
  • (1)市販品の購入
  • (2)アルミを溶かして鋳造
  • (3)アルミのブロック材を削って作る
の3択でした。
(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(19〜)



2019.02.08Fri/金

東京日本橋にバイオ・シェアラボ「Beyond BioLAB TOKYO」が誕生〜オープニングイベントに行ってきた。

↑BTW


東京日本橋のオフィス街の一等地に新しいバイオシェアラボがオープンしたそうなので見てきました。日本橋ライフサイエンスビルディングの地下一階がまるまるシェアラボになってます。

この新しいシェアラボを開設したのはBeyond Next Ventures社、社長の伊藤氏は東工大→ジャフコ(ベンチャーキャピタル)を経て、同社を設立されているようです。

(省略されています。全文を読む

Category:ビジネス・ベンチャー

   記事ごとのページ・コメント(4〜)



2019.02.04Mon/月

DIYクリーンベンチに温度制御(加温・冷却)機能を付けたい〜72Wのペルチェじゃ非力すぎたというか保温性を上げないとダメっぽい〜

↑BTW

この写真は実験風景

先日まで作っていた無菌操作用のDIYクリーンベンチ

は幅70cmと巨大で自室のスペースをかなり使用しているので、無菌操作の時だけ使用するのは勿体ないと思っています。そこで考えているのが「インキュベーター」としても使用するってこと。クリーンベンチ兼インキュベーターなら部屋のスペースを有効活用出来そうに思います。そこでクリーンベンチに温度制御(加温・冷却)機能を付けてみることにしました。
購入したパーツは3つ、まずペルチェユニットです。ペルチェは「熱電素子」「サーモモジュール」などと呼ばれ電流を通すとモジュールの片側から、もう片側へ熱が移動する(片側が冷え、片側が温まる)というものです。


(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(4〜)



2019.02.01Fri/金

Shojinmeat Projectの薄い本プレゼント締め切りました。

↑BTW

5名当選に対して応募が11件の狭き門でしたw。当選者にはダイレクトメッセージ送ったのでご確認下さい。Twitterでプレゼント応募&ダイレクトメッセージで当選処理は楽でいいね。

Category:未分類

 Keyword:Shojinmeat/14
   記事ごとのページ・コメント



2019.01.29Tue/火

アーテックの卓上遠心分離機が安くてスゴク使える!4000rpm、550×gまでOK

↑BTW


安く自分で作ろうと思っていたら、衝撃の激安商品を発見!!!衝撃の1550円です。

小型遠心分離機(アーテック)(amazon)

株式会社アーテックは学校科学教材を取り扱っている会社ですね。


(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(3〜)



2019.01.23Wed/水

おうち人工培養肉開発の「Shojinmeat Project」の薄い本を5名様にプレゼント(Twitterでフォローしてリツイートで応募)。〆切は2019年1月末。(※終了)

↑BTW


たまに出入りしている。おうちで人工肉培養技術を確立しようとする団体「Shojinmeat Project」がコミケで販売している薄い本を5冊ほど自腹ゲットしましたので、DIYバイオ普及のために皆さまにプレゼントします。
応募方法は最近流行のTwitterでこのアカウントのフォローして、該当の投稿のリツイートするだけってやつ。おそらく某社長のお年玉プレゼントより100万倍ぐらい当たりやすいと思われます(笑)。最大で数倍ぐらい?

中身をちょっと紹介。今号は2018年の総括的な立ち位置なこともあるのか、文字小さ目で情報量が多いように思います。↓自宅実験マニュアル完全版

↓細胞培養液を自宅で合成してみた。団体には漫画描ける人も参加しておりメディア面から参加しております。


↓ホームセンターなどで入手出来るものや、スポーツドリンクなどを使って市販の培養液を再現します。


↓人工肉はイスラム教で許容されるのか?といった文化的面から参加している人もいます。


Category:バイオハッカー団体・コミュニティー

   記事ごとのページ・コメント(3〜)



2019.01.14Mon/月

リポビタンD、こいつ光るぞ!

↑BTW


自宅無菌操作用に作ったDIYクリーンベンチですが、

コメント欄で言われたのでリポビタンD入れてみたら、めっちゃ光るね(笑)
上方からの紫外線の当たる上2cm厚ぐらいのみ光ってる。水は紫外線透過しないんだっけ?

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(4〜)



2018.12.10Mon/月

無菌操作用の自宅DIYクリーンベンチを作ろう〜その3〜紫外線殺菌ランプを設置

↑BTW


前回↓の続きです。

使用したのはAmazonで送料込み1700円ほどで購入出来る下記商品です。今時なので紫外線ランプもLEDで
(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(5〜)



2018.11.27Tue/火

無菌操作用の自宅DIYクリーンベンチを作ろう〜その2〜HEPAフィルターとファンを設置

↑BTW


前回の続き↓です。

無菌操作をするクリーンベンチは周りを覆っただけではダメです。なぜなら手をつっこまないと色々と作業出来ないし、手を入れるための隙間があればそこから雑菌が侵入するからです。そのため、クリーンベンチでは内部に無菌の空気を大量に送り込み、手を入れる穴からはつねに空気が外に向かって吹き出しているようにします。これで手を入れる穴を確保しつつ、中を無菌に保つことが出来ます。↓購入したHEPAフィルター

ヨドバシ.comで送料込み2000円ぐらい

(省略されています。全文を読む

Category:バイオハッカー用実験器具

   記事ごとのページ・コメント(4〜)